施設の事業内容

  1. 養護老人ホーム一般養護
  2. 養護老人ホーム特定施設
  3. ショートステイ
  4. デイサービス
  5. ケアプラン

エコウィンハイブリッドを入れた理由

利用者に施設内を輻射熱を利用することで、均一な温度で夏は森林浴をしているような、冬は陽だまりの中にいるような自然で快適な環境を整えたいと思いました。

導入した商品

■エコウィンハイブリッド スクリーンパネル・ローボーイパネル 計110台

施工結果

施設長さんから

「事業計画におけるランニングコストの算出として、グループの既設老人ホームの重油ボイラー温水暖房方式のランニングコスト実績に基づき、本施設の事業計画として算出していましたが、事業計画のランニングコストに対して、エコウィンハイブリッドの採用により、1ヶ月100万円のランニングコストの削減が出来ました。

見学者の皆さんにご紹介しているのです。」

「室温の設定温度は20℃で十分な暖かさで、嫌な温風もなく、床から暖かい、入所者の皆さんも快適にお暮しいただいてます。

寒がりな理事長も体験宿泊されて、暖かさを実感されて、ご自身の講演会でもエコウィンのことを話されています。」

環境問題への取り組み

厳寒の北海道の地で課題となる暖房費、エコウィンハイブリッドのイノベーションによる、化石燃料の飛躍的な消費削減を本実績基に介護施設、医療施設、公共施設に向け展開し、エコウィン普及による省エネを具体化し、地球温暖化防止の活動をさらに推進して参ります。